E-ROAD

エロゲロードを往くメディア

DMM インタビュー

『同級生 リメイク』インタビュー!プロデューサーを直撃取材

|『同級生 リメイク』インタビュー!プロデューサーを直撃取材

 

E-ROAD編集部では、『同級生 リメイク』についてインタビューを行いました。この記事他、とらのあな様やげっちゅ様にも同じ内容の記事を公開しています。ご回答いただいたFANZA GAMESの皆さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。さっそく見ていきましょう。

回答者:プロデューサー:ヤス氏

 

■ブランドについて

Q:はじめまして。ブランドのご紹介をお願いします。

A:Diginationと申します。FANZA GAMESの美少女ゲームブランドになります。
様々なジャンルのゲームをリリースしております。

■制作について

Q:『同級生リメイク』制作のきっかけを教えてください。

A:かつての名作を復活させたいという熱意と、世のリメイクブームの状況がうまく噛み合った感じです。
エンタメ業界に流れるリメイクの波に乗って、自身も大ファンだった『同級生』という名作を、「当時のユーザーさんにもう一度遊んでほしい」そして、「今の若いユーザーさんにも知ってほしい」という想いで、制作を決定しました。

 

Q:今回のリメイクを行う中で一番情熱を注いだ点はどこだったのでしょう?

A:当時の内容をなるべくそのまま残して今の世に蘇らせたいという部分ですね。シナリオ、構図、音楽、そういったところにこだわりました。
特にシナリオについては、当時の蛭田昌人さんのシナリオをできる限りそのまま(※)表現しております(※現代の倫理基準に合うよう、調整のみ)

 

Q:制作で最も大変だった点は?

A:大作だけあって、とにかく物量が多くて…期間がかなりかかってしまいましたね。CGだけでも数百枚とありますので……。

また、原作の『同級生』では、マップ探索など攻略要素が満載でしたが、リメイク版には、より遊びやすいモードとして「ノーマルモード」を用意しました。
マップ移動で女の子がどこにいるか可視化されていたり、フローチャートが表示されて狙いの女の子をスムーズに攻略できるようになったり、そのあたりの開発に力を注いでいます。

 

Q:ここをみてほしい!! という点は?

A:美麗なグラフィックにご注目いただきたいです!
すめらぎ琥珀先生によって現代風にリファインされたキャラクターと、一枚一枚丁寧に彩色されたCGは必見です。そしてなんと言っても、珠玉のシナリオですね!!絶対に面白いので、ぜひ読んでいただきたいです。

Q:今の基準で見ると、結構時代を感じますね。

A:背景とかが特に顕著ですね。小物類とか…逆に言うと、そこまで細かく書き込まれてるともいえると思います。色々クリックして楽しんでみてください。

 

Q:でもヒロインはしっかりかわいいですね。

A:普遍性があるデザインは時代を超えるということかなぁ、と思います。『なつかわいい』みたいな感じですね。

 

Q:久しぶりに触れてみると、しっかりとした攻略が必要だと改めて思いました。攻略のヒントを公開する予定はあるでしょうか?

A:イージーモードのフラグジャンプ画面を見て頂けると、キャラ攻略大体の流れがわかると思います。ぜひそちらを参考にして頂ければと!

 

Q:90年代初頭の美少女ゲームについて自由に述べてください。

A:当時はまだまだ黎明期で、ソフトの内容についても玉石混合という感じでした。ただその分、新鮮な驚きや体験を与えてくれるソフトが次々出てきた時期でもありました。ユーザーもそこに夢中になって、業界全体が盛り上がった時代かなぁ、と思います。

Q:店舗特典や予約特典について教えてください。

A:早期予約キャンペーンとして、対象店舗にて『同級生リメイク』『同級生リメイク 豪華版』をご予約いただいた方に、すめらぎ琥珀先生、竹井正樹先生の描き下ろし複製色紙をプレゼントさせていただいております。こちらは数に限りがありますので、お早目にご予約いただければと思います。各ショップさんの特典も、「もしこの子とこんなシチュエーションがあったら……」と妄想が膨らむものになっているかと!

 

■今後について

Q:発売までまだ少し時間がありますが、今後の情報発信について教えてください。

A:同級生リメイクに出演するキャスト様(舞役:橘まおさん、美沙役:猫村ゆきさん、さとみ役:蒼乃むすびさん、美穂役:小波すずさん)がパーソナリティを務める『同級生リメイク生放送』を、発売まで毎週金曜日に放送予定です。
また、今回制作に携わっていただいているシルキーズプラス様の生放送でも、毎回制作状況や最新情報を告知させていただいております。

 

Q:少し気が早いですが、今回の『同級生リメイク』次第では他タイトルのリメイクなどもあり得るのでしょうか?

A:はい、私としては、今後もかつての名作を次々リメイクしていきたいと思っています。次の作品に繋げるためにも、『同級生リメイク』をいい作品にできるように、頑張って制作いたします。

 

Q:コロナ禍の中で難しいかもしれませんが、出展予定のイベントがあれば教えてください。

A:2021年1月11日(月・祝)まで、ソフマップAKIBA1号店 サブカル・モバイル館 5階 PCゲームフロアにて「同級生原画展」を開催しております。『同級生』だけでなく、『同級生2』や幻の『同級生3』の原画も一部あり、シリーズの歴史を辿れるような展示になっておりますので、
ご来場いただけたら幸いです。

 

Q:この記事をご覧の皆さんに一言お願いします。

A:かつて楽しんだユーザーさん、今回初めて触れるというユーザーさん、どちらにも楽しんで頂ける作品ですので、是非プレイしてみてください。よろしくおねがいします!!

 

 

 

■体験版レビュー
今回の体験版では、本編の2日までをプレイできます。『同級生』といえばマップを歩き回ってヒロインやそれ以外に出会っていくことで物語が進展していくのが特徴ですが、久しぶりにやってみると無駄足を踏んだりもしてしまいました。おそらく多くのプレイヤーが「同級生 攻略」と検索し、古の攻略サイトが賑わいを見せるに違いありません。

それにしても、時代は変わったのだと思います。今だと違和感を感じる街の風景や人の服装などを見ていると自分がタイムスリップをしたように感じたりしました。主人公の言動も今だとちょっとアウトな人にも思えてきます。なんというか、今にも語尾に「~ハメ」とか「~パコ」とか言いそうなくらいにセクハラをしたりするので某メーカーの鳥は過去からタイムスリップしてきたのかもしれません。

余談はさておき、インタビュー中でも書いていますがうまく当時のイラストをリメイクしていると思いました。イラストの美しさは目を引きます。一度体験版に触れてほしいと思います。

 

|同級生 リメイク サイト

http://www.fanzagames-digination.com/doukyusei_re/

|DMMGAMES ページ

https://games.dmm.com/


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です