E-ROAD

エロゲロードを往くメディア

★『パルフェリメイク Standard Edition』 ★『虜ノ翼』
★『パルフェリメイク Standard Edition』 ★『虜ノ翼』
インタビュー サガプラネッツ

[エロゲインタビュー]実は『金恋GT』の後から動き出していた『AMBITIOUS MISSION』インタビュー

|実は『金恋GT』の後から動き出していたサガプラネッツ最新作『AMBITIOUS MISSION』インタビュー

 

5月に発売される『AMBITIOUS MISSION』のインタビューをお届けします。実は『金恋GT』リリース後の2019年から企画が動いていて、3年越しの開発だったことやスケジューリングの苦労など開発の舞台裏や作品の魅力をサガプラネッツ様にお聞きしました。ぜひゆっくりとご覧ください。

 

|AMBITIOUS MISSION OP ムービー (2022 サガプラネッツ、主題歌:I’ve・歌:佐藤アスカ、ムービー:Syamo)

|「AMBITIOUS MISSION」ストーリー

沙幌市--。

その街にはひとつの言い伝えがあった。
『アンビシャス』と呼ばれるその12の星全てを手にした者は、
あらゆる野心を叶えられるという……。
そしてそれを追い求めるものが一人、今宵も沙幌の街に姿を現す――。

怪盗ミスアルテの犯行現場に、たまたま居合わせた主人公『根津御影』。
ひょんなことからその正体を、
クラスのお嬢様『有瀬かぐや』だと見抜いてしまう。

「周りの人にバレてしまう可能性は少しでも排除しないといけない。だから――
盗んでみせるわ。私があなたのハートとため息をね」

正体がバレたくないかぐやは、
自らの野心を叶えるため作った怪盗部に御影を引き込もうとするが、
なかなかうまくいかない。

そんな時、御影の生まれ育った『孤児院』が窮地に陥る。
そこに現れたミスアルテは、隠されていた『真実』を暴き、
孤児院をいとも簡単に守ってみせた。
優雅に、そして華やかに。

「泥棒とはちがうっていうのか?」
「ええ、見る人のハートを盗み。そして、みんなのため息を盗む。それが怪盗よ」
「わかった。俺も手を貸そう。あんたの『野望』とやらに」

『怪盗ミスアルテ』と『怪盗ミッドナイト』
ふたりの怪盗が手を組んだその時、
沙幌の夜に覆い隠された『真実』をめぐる舞台の幕が上がる――。

|インタビュー

――今日はよろしくお願いします。最初に、ブランドの自己紹介をお願いします。

サガプラさん SAGA PLANETSと申します。
この度24作目となる『AMBITIOUS MISSION』を発売することになりました。

「明るく可愛いヒロインたちとの恋愛」+「スリリングな怪盗活動」を、ユーザーの皆様に楽しんでいただけるゲームを目指して制作しています。よろしくお願いします。

 

――『AMBITIOUS MISSION』開発のきっかけを教えてください

サガプラさん 企画が動き出したのは2019年の年末です。
『金色ラブリッチェGoldenTime』の後、同じスタッフでもう1作ということで、さかき傘さんに執筆を依頼しました。
内容については、わりと早い時期にさかきさんの方から怪盗モノを作ってみたいというお話がありました。

怪盗ということで、通常の学園モノとは少し違う雰囲気、デザインになると思いましたが、グラフィックチームからは「金恋」のヒロインの金髪縛りより、キャラデザに自由度があってよいと言われた記憶があります。

 

 

――原案/シナリオは『金色ラブリッチェ』のさかき傘さんですね

サガプラさん そうです。「金色ラブリッチェ」でさかきさんと仕事をしていたので特に不安要素はなく、安心して進められました。

 

 

――今回の舞台は北の大地”沙幌市”ですが、取材にも行かれたのでしょうか?

サガプラさん 行こうという計画はあったのですが、コロナ対策で県を跨いでの移動を控えるようにと
行政より要請が出ておりましたので実現できませんでした。
これから北海道はよい季節なので、機会を作って現地を見に行きたいとは思っております。

取材は現地の知人にお願いしました。

 

――開発の中で大変だったことや苦労されたことを教えてください。

サガプラさん スケジューリングでしょうか。
コロナの影響で、すべてが少しずつ遅れていると感じておりました。

作品発表後は、販促活動に困惑しました。
実店舗での販促活動はどうしても制限されるので、ネット中心に販促・告知活動ということになりました。

 

――豪華版は売り切れになり、通常版もかなり売れているようですね。

サガプラさん ありがとうございます。
発売前に豪華版は売り切れになってしまい、たいへん申し訳なく思っております。

ご興味を持っていただいた方には、ぜひともプレイしていただきたいので、店舗やダウンロードでお求めいただければありがたいです。

 

――公式サイトで配布されている壁紙に『かけぬけ』の鹿島理々さんがいますが、もしかして本編でも…?

サガプラさん プレイしてみてのお楽しみと言いたいところですが、あれは4月1日のネタです。

本編中に理々・・は登場しません。

 

――つばめくんかわいい。攻略したい。

サガプラさん そうなんです。
とてもかわいいのですが、今回は魅力的なヒロインたちとの恋愛を楽しんでいただきたいです。
多様性が認められる時代ですので、今後はそういう展開もありなんでしょうか?E-ROADさんはどう思いますか?

 

 

――シャルロットさん、体験版ではあまり活躍しなかったけどがんばれ!

サガプラさん プロローグが長すぎた……。
体験版はプロローグの4分の1くらいです。なのでシャルが出てくる前に終わってしまったのです。
でもその分本編では、シャルがその身体能力をフルに使って大活躍していますので楽しみにお待ちください。

 

――夏以降開催予定のイベントへの出展予定はありますか?

サガプラさん コロナ下でイベントの開催・出店が難しいのが現状です。
アンミツのイベントにつきましては、オフィシャルHPおよびTwitterをチェックしていただけますでしょうか。
私たちも何か実イベントを開催したい、ファンの皆様にお会いしたいと日々思っております。
近い将来そういう状況が戻ってくることを願っております。

 

――この記事をご覧の皆さんに一言お願いします。

サガプラさん 北の大地、沙幌を舞台に怪盗になった主人公、そしてミスアルテが追う『真実』とは――。
今作で初めてサガプラを知ったよという方も、過去作から応援くださっている方もSAGA PLANETS最新作『AMBITIOUS MISSION』をプレイして楽しんでいただければ嬉しいです。

それから、オフィシャルHPに感想募集ページを設置する予定です。
プレイ後はぜひともゲームの感想やヒロインたちへの応援をお寄せください。
よろしくお願いいたします。

――今日はありがとうございました。

 

サガプラネッツの他のニュースはこちらをチェック!

|Saga Planets サイト

http://sagaplanets.product.co.jp/